姿勢矯正事例|腰猫背と坐骨神経痛

姿勢矯正事例

腰猫背腰痛坐骨神経痛脚のだるさ

腰猫背と坐骨神経痛の姿勢矯正事例

腰猫背と坐骨神経痛|事例|姿勢矯正専門整体院ミント

【Nさん 32歳 女性 大阪府豊中市 会社員】

どちらの写真も楽に立ってくださいとお願いしております。

姿勢矯正前後の写真はご本人様の了解を得て掲載させていただきました。


姿勢:腰猫背

症状:腰痛、坐骨神経痛



楽に立っていただくと、骨盤が後ろへ倒れているため腰の前弯(前カーブ)が無くなっています。

この姿勢を腰が丸いことから【腰猫背】と呼んでいます。


バランスを取ろうと膝が曲がり、かかとに重心が乗ることでフラフラと後ろに倒れそうな不安定な姿勢です。

これではただ立っているだけでも、姿勢を維持するのに腰から下の筋肉は相当な負担がかかります。


坐骨神経痛とは腰やお尻、太もも、ふくらはぎなどに痛みやしびれを生じる症状名です。

腰痛や首痛と同じく、状態を表した言葉です。

疾患名ではありませんので、坐骨神経痛と言っても原因はさまざまです。



坐骨神経痛を引き起こす疾患には腰椎椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、変形性椎間板症などがあります。

これらの疾患については、当院では痛みを軽くはできますが、根本的な改善は難しいです。


なぜなら、体の外側からの外圧で、飛び出したヘルニアや前方へすべった背骨を元の位置に戻したり、変形した椎間板を元の形に戻すことは相当の無理があると思うからです。

申し訳ありません。



しかし、これらの疾患よりも、坐骨神経痛を引き起こす最も多いタイプがあります。

それが【梨状筋症候群】です。

これも症候群とつくことからわかる通り疾患名ではありません。
症状名です。



梨状筋とは坐骨神経の上を走るお尻の筋肉です。

姿勢が悪いことでお尻の筋肉が固くなると、この筋肉が神経を圧迫し坐骨神経痛を引き起こします。


レントゲンやMRI検査で「異常ありません。」と言われた場合、ほとんどがこの梨状筋症候群です。

レントゲンやMRIでは筋肉が撮影できないからです。


Nさんの坐骨神経痛もこのタイプでした。

後ろにかかる体重を支えるために、お尻の筋肉がガチガチでしたので、ストレッチとアイソメトリックで緩めました。



しかし、お尻の筋肉が固くなっているのは「結果」であり、「原因」ではありません。

腰猫背のため重心が後方へかかっているので、原因である腰椎の前弯を作る施術をさせていただきました。



現在は月に1回ペースでメンテナンスを受けられています。

症状はあれから全く出ていないと喜んでおられました。

mint ~ミント~ 姿勢矯正専門整体院 施術予約

※ 当院は既存のお客様を大切にしたいという思いから、
ご新規様のご予約を1日最大2名様とさせていただいております。

mintについて

mint式姿勢矯正

その他矯正事例Case

  • 巻き肩が原因の肩こりはもみほぐすと悪化します!|事例|姿勢矯正専門整体院ミント

    2017.11.07

  • 巻き肩|事例|姿勢矯正専門整体院ミント

    2017.10.12

  • 反り腰と猫背の姿勢矯正事例|姿勢矯正専門整体院ミント

    2017.09.20

  • 反り腰|事例|姿勢矯正専門整体院ミント

    2017.09.20

  • 腰猫背と坐骨神経痛|事例|姿勢矯正専門整体院ミント

    2017.09.15

    

営業時間 営業時間:9:00〜21:00(最終受付20時)
住所 定休日:日曜日・祝日アクセス

当日のご予約はお電話で!

  • 営業時間 9:00〜21:00(最終受付20時)
    定休日 日曜日・祝日アクセス
  • 現在ご予約が大変混み合っておりますので、
    ご新規様のご予約を1日最大2名様限定とさせていただいております。