病院で治らない不眠症を改善するには|不眠症改善

トピックス

コラム2018.10.26

病院で治らない不眠症を改善するには

こんにちは!姿勢矯正専門整体院mint(ミント)の院長、東岡です!
突然ですがみなさん、最近よく眠れていますか?
黒柳徹子さんも「睡眠8時間も仕事のうち」とおっしゃってますよね!
しかし実際には、現代の日本人の実に5人に1人が「不眠症」に悩んでいるそうです。

今回は病院に行っても治らない不眠症でお悩みの方に向けて、不眠症を根本的に解決する方法をお話します。

意外と知られていない「姿勢」と「不眠症」の関係

しかし医者でもない私がなぜ不眠症の話をするのでしょうか?
それは、不眠症の原因の一つに「姿勢の悪さ」があるからです。

当院は姿勢矯正専門の整体院なので、来院するお客様の目的は当然、姿勢矯正です。
しかし、お客様の中には不眠症で悩んでる方も少なくありません。
そういったお客様は施術を受けた日、驚くくらいよく眠れるそうです。
中には施術中に寝てしまう方もいらっしゃるくらいです。

・不眠症で悩んでいる
・姿勢が悪い(猫背や反り腰など)

もしあなたがこの2つに当てはまるのであれば、あなたの不眠症は姿勢が原因かもしれません。

姿勢の悪さが原因で不眠症になる理由

まず、不眠症は以下4つのパターンに分かれます。

・入眠障害…寝つきが悪い状態。
・中途覚醒…寝ている間に何度も目が覚める。
・早朝覚醒…起きたい時間の2~4時間前に目が覚める。
・熟眠障害…睡眠時間はとれているが、熟睡感が無い状態。

これらにおいて、姿勢が関係している可能性があります。
なぜ姿勢が悪いと不眠症につながるのでしょうか?いくつか理由を見ていきましょう。

姿勢の悪さが原因で不眠症になる理由

①猫背や反り腰で寝返りが正しく打てない

立ちっぱなし、座りっぱなしの体勢はつらいですよね?
あれは体の一部に体重がかかってしまって、痛みや疲れが出てしまうのですが、それは寝ている時でも同じです。


だから人間は寝ている間、「寝返り」で無意識に体勢を変えています。
しかし、姿勢が悪いと寝返りが正しくできなくなり、眠りが浅くなってしまうのです。

たとえば「猫背」の人の場合。
猫背の人は背中が丸まっているので、仰向けに寝たときに肩が浮く姿勢になります。
するとベッドに対しての接地面が少ないので安定せず、無意識で横向きに寝返りを打ちます。

正しい姿勢の人の場合は左向き→仰向け→右向き→仰向け・・・のように、自然と体の負担を分散するように寝返りができるのですが、
猫背の人の場合は左向き→右向き→左向き→右向き・・・と、仰向けの体勢で寝ることがほとんどありません。。

結果的に、体の側面ばかりに体重がかかることで痛みや疲れが生じて、夜中に目が覚めてしまうのです。
これが、姿勢が悪い人の眠りが浅くなってしまう原因です。

腰が反ってしまう「反り腰」の場合も同じです。
仰向けに寝ようとすると腰が浮いて痛くなり、自然と横を向いてしまいます。
横向きに寝ているときの自分の姿勢を思い出してほしいのですが、背中が丸まって猫背になっていませんか?
人間の体の構造上、横向きに寝るとどうしても猫背になってしまうのです。
正しい寝方は「仰向け」です。
悪い姿勢で毎日眠り続けると、どんどん悪化してしまいます。思い当たる方は要注意です!

①猫背や反り腰で寝返りが正しく打てない

②ストレートネックで枕が合わない

「枕が合わずに眠れない」「首が痛くて眠れない」という方も多いと思います。
自分にあう枕をたくさん試してみても見つからず、最終的にオーダーメイドで枕をつくる方もいらっしゃいます。
この「枕が合わない」という悩みには根本的な間違いがあります。

悪いのは枕ではありません。あなたの首です。
枕を首に合わせるのはナンセンス。
首が正常な人はそもそも枕にこだわりがありません。
枕が無かろうが、フカフカのマットレスが無かろうが、畳の上でスヤスヤ寝られます。

枕が合わない方は「ストレートネック」の場合が多いです。
※ストレートネックとは、首が前方に倒れ、首のカーブが失われてまっすぐになった状態。スマホやデスクワーク、前かがみの家事などでうつむいた状態が続くと生じやすい。mint式ストレートネック矯正(リンク)

枕が合わないからと、ストレートネックの方がオーダーメイドで枕をつくったところで、「ストレートネックに合わせた枕」ができあがるだけです。
そして、ストレートネックが悪化した時、また高いお金を出して枕を代えなければなりません。

ストレートネックであったり、首に歪みなどの異常があるから辛いのです。
その異常を放置したまま枕を探しても、決して最高の枕には出会えません。
「枕難民」になります。

ストレートネックを改善して首のカーブを取り戻せれば、基本的にはどんな枕でも寝ることができます。
実際、正しい姿勢の人は枕なしでも楽に寝られるので、枕で悩むことはないのです。
ですので、順番としては正常な首の湾曲を作ってから、ご自身に合った枕を探していただけたらと思います。

②ストレートネックで枕が合わない

③全身に力を入れながら眠ろうとしている

布団に入っても眠りにつくまでに1時間以上かかるという方。
その原因も姿勢にあるかもしれません。
猫背や反り腰、ストレートネックの方は、「不自然な姿勢」で一日を過ごしています。

例えば猫背の場合、体が前傾姿勢になることでそれを支える肩や腰にかなりの負担がかかっています。
その姿勢が楽に思えていても、実は無意識のうちに、体に無駄な力を入れている状態なんです。

全身に力を入れたまま眠ることなんてできませんよね?
姿勢の悪い人は布団に入ってリラックスしようとしても、実際は力を入れた状態が続いており、
その力が抜けるまでに時間がかかるため寝つけないのです。

③全身に力を入れながら眠ろうとしている

悪い姿勢を改善して、「こてんと眠って熟睡!パッと目が覚めて気分は絶好調!」

以上、今回は悪い姿勢が不眠症を引き起こす理由について書かせていただきました。

もちろん不眠症の原因は姿勢だけではありません。
精神的なもの、病気など、さまざまな要因が考えられますので、まずは適切な医療機関を受診することをオススメします。

しかし、猫背やストレートネックなど、姿勢が原因で起きる不眠症は薬では治すことができません。
薬を飲んだ日は眠れても、一時的な効果しかなく、薬を飲むのをやめればまた不眠症に逆戻りしてしまいます。
整体での不眠症解決の良い点は、薬を飲まなくていいことです。

次回は、mintでどんな施術を行っているのかをお話したいと思います!

この記事を書いた人

姿勢矯正専門整体院 mint 院長東岡誠

1982年9月1日生まれ。

大阪府枚方市出身。

日本カイロプラクティックドクター専門学院卒業 。

アメリカライフカイロプラクティックカレッジウエスト人体解剖学修了。

カイロプラクター。

日本姿勢矯正士協会大阪支部長。

大阪市内の整体院とカイロプラクティック院で若くして院長に就任。
「慢性痛でお悩みの人は姿勢が悪い」ことを痛感し、「根本的に改善に導くには姿勢矯正しか方法は無い」と2012年に29歳で独立。

13年の臨床経験と、のべ2万人以上を矯正する。

mint ~ミント~ 姿勢矯正専門整体院 施術予約

※ 当院は既存のお客様を大切にしたいという思いから、
ご新規様のご予約を1日最大2名様とさせていただいております。

mintについて

mint式姿勢矯正

最新記事Topics

  • 病院で治らない不眠症を改善するには、姿勢矯正がおすすめ!不眠症と姿勢の関係とは?

    コラム2018.10.26

  • お着替えと更衣室について

    お知らせ2018.10.15

  • ストレートネック(スマホ首)は首だけ矯正しても改善されない

    コラムコラム(ストレートネック矯正)コラム(症状別:頭)コラム(症状別:肩・首)2018.10.11

  • H・Yさん31歳男性自営業さんのご感想をいただきました

    お知らせ2018.09.19

  • 祝!6周年!

    お知らせ2018.09.04

    

営業時間 営業時間:9:00〜21:00(最終受付20時)
住所 定休日:日曜日・祝日アクセス

当日のご予約はお電話で!

  • 営業時間 9:00〜21:00(最終受付20時)
    定休日 日曜日・祝日アクセス
  • 現在ご予約が大変混み合っておりますので、
    ご新規様のご予約を1日最大2名様限定とさせていただいております。